獅子で夕食

投稿日:

 急遽、夕食が外食になり、ダメ元で気になっていたお店を訪ねてみました。
 到着したのは20時半程度だったでしょうか。家族経営らしい小さなお店で、駐車場も2~3台分、カウンターに6人前後、テーブル席も3卓程度でした。
 常連さんで賑わっていて、予約席以外は満席な様子でした。諦めかけたところで、ちょうどテーブル席が空いて、なんとか滑り込むことが出来ました。

 お通しは、里芋と鳥肉の旨煮とグリーンピースの翡翠煮。桜を模した百合根が春らしくて良い感じで、味もよし。期待が高まりました。
 お酒のラインナップもかなり良い感じでした。まずは、黒龍の純米吟醸から。

 「旨」という字は、さじの形を示すに美味しい意の(後に日に変わる)を加えて、さじで食物をすくって味わうから「うまい」の意を示すんだそうです。
 そういえば、脂や鮨にも旨が入ってますね。美味しいに決まってます。

 お刺身は鮪にトリ貝、甘えび、イカなど。

 水茄子をオリーブオイルと岩塩で。

 カウンターに美味しそうなトマトが積んであったので注文してみたところ、アメーラトマトでした。うんまー。

 メヒカリの唐揚げもうまうま。

 もう少し食べたいねと頼んだ、新物ワカメと新玉ねぎのサラダも絶品。

 取り皿の柄

 店内の壁に書かれていた「お店のおすすめ」群馬県尾島産の五穀和牛を岩塩焼きで頂きました。

 イワシの梅しそ揚げもナイス。

 〆は稲庭うどん。これまたうまー。

 帰宅してから仕事が待っていたので、今宵は一杯で止めました。
 大満足な夜でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中