伊那 ざんざ亭

投稿日:

 鹿の旬は冬ではなく夏!
 ということで、鹿ジビエと山師料理を食べに、伊那にある囲炉裏のお宿『ざんざ亭』さんへ
 
 囲炉裏端でご飯です。

 ここではやっぱり地元の黒松仙醸の「こんな夜に鹿」特別純米酒を。

 鹿ベーコンの茶碗蒸し。
 燻製香の良さが半端ないです。食べる度にバージョンアップしてる気がします。鹿脂とシャク(やまにんじんの緑葉)がとっても良い仕事してます。

 野菜皿。
 燻製鹿のポテトサラダ、ししうど、イタドリ、アスパラ、きくらげ、椎茸、ノビル。
 鹿漬け麹ソースに干しえのきと蕎麦の実、藤の花の梅酢漬けを散らして。

 盛り合わせ。
 鹿すね肉のハム、鹿血ソーセージ、猪ハム、ひたし豆入り鹿テリーヌ、鹿肉ソーセージ、はちく、せり、やまみつば、春菊など。
 梅塩と菜種油のマヨネーズもうまうま。テリーヌの上はカラハナソウ、中央はタチバナソウ。

 もっちりおやき。こういう薄焼きが好き。

 信濃路 天墜 特別純米生原酒のソーダ割り。

 炭火で焼き焼き。
 別皿に鹿の脂があって、何度も付けながら焼いてました。

 鹿肉の炭火焼き、生わさびで。生の小松菜も旨し。はちくも。

 バージョンアップした鹿骨ラーメン。
 鹿の肋骨と鰹昆布いりこ出汁スープに、伊那の小麦はなまんてんの手打ち麺。

 デザートと薬草茶。

 朝!
 6月とはいえ、長野はまだまだ冷えるので、色々な暖房が絶賛稼働中。

 まずは暖炉。これのおかげで2階の私達の部屋が暖かくて助かりました。

 玄関前の大型ストーブ。

 囲炉裏の脇にあるストーブ。鉄瓶しゅんしゅん。

 朝ご飯どーん!

 自家製納豆のアップ。

 朝食後の珈琲で〆。こちそうさまでした!

 ちなみに、このお宿、一泊二食で1万円です!
 近いうちにまた伺いたいと思います(^-^)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中