白州 七賢

投稿日:

 金精軒さんの斜め向かいには、七賢で有名な山梨醸造さんがありました。
 あまりの近さに、びっくり(笑)。

 七賢は毎年数々の賞を取っている山梨の銘酒ですが、今年は特に、SAKE COMPETITION 2017 の一番高額なお酒部門である「Super premium部門」で、七賢の純米大吟醸 大中屋 斗瓶囲いが金賞を受賞したのが記憶に新しいところです。

 入り口入ってすぐ右手には、空調や冷蔵がバッチリで試飲も出来る七賢の販売所があり、利き酒もさせて貰えました。

 金賞の純米大吟醸大中屋斗瓶囲いは流石にもうありませんでしたが 、IWC2015で金賞を受賞した大中屋の純米大吟醸はまだあったので、早速それを試飲。
 最初の一杯は無料サービスと言われ、うひょひょー。

 大中屋だけでなく、色々なお酒が並んでいて、どれもユニークで美味しいとなれば、これはもう日本酒好きにはたまらないかなーと思います。

 店内には、古い蔵や部屋などが残っており、申し込めば、昔ながらの場所を見学しながら説明を受けることも出来るそうです。

 私達がお店に入った時にも、奥の部屋で大勢の人が店員さんの説明に聞き入っていた姿が見えました。

 こちらは蔵書コーナー。
 靴を脱いで上がり、蔵書類をゆったり読みつつカフェも出来るという空間になっていました。

 商品の販売コーナーでは、七賢さんのお酒以外の商品と共に、地元の特産品や無農薬野菜などが売られていました。
 ネット販売にも力を入れているらしく、ネットで買うことも出来るようです。

 糀’sくらかふぇというカフェがあるので、お茶することも出来ます。
 メニューは糀製品が中心で、こちらの甘酒は酒蔵仕様の酒粕製ではなく、甘糀で作るノンアルコールの甘糀で、糀糖という名前で販売していました。いわゆる甘糀ですね。麹は麹でも米麹を意味する糀の方なので、米麹を推している模様です。
 お試しで、米糀を食べてみましたが、確かにお米らしい甘みを感じました。

 糀’sくらかふぇのメニュー。

 プレーンコウジーと糀糖ブリュレを試してみました。どちらも糀らしいベタつかない優しい甘みで、美味しかったです。
 お水はこちらの御膳水(明治天皇行幸時に飲まれたお水)だそうで、まろやかで美味しかったです。

 台ヶ原は白州町にあります。白州は、お水が美味しいことでも有名ですね。
 先の信玄餅もそうですが、甲斐駒ヶ岳の伏流水が美味しさの源だということで、美味しいお水をベースに、昔から素敵な商品が沢山作られていたんですね。
 サントリーの白州工場もすぐ近くにあります。

 余談になりますが、以前、サントリー白州工場に伺った時に一目惚れして買ったお盆がお気に入りで、いまでもずっと愛用しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中