iPhoneの話

投稿日:

 もうすぐ(日本時間13日2時)、Appleイベントで新型iPhoneの発表があります。
 この流出画像、両側が新型通常のナンバリングで、今回はSシリーズが出ないらしいので、iPhone8 と iPhone8 Plus で、真ん中が iPhone X です、まだ噂ですが。
 既に某国では、新型用ケースが売り出されていて、その辺りからの流出画像だそうです。

 以降、自分はAndroidだよ、という人には関係ない話なので、そういう方はスルーしてください。

 iPhoneやiPadをお持ちの皆様は、今のうちにやっておくべきことがあります。
 それは、iOSの更新バックアップです。

 新型が出ると同時、もしくは程なく、必ずiOSのメジャーアップデートが入ります。現在の最新が iOS10.3.3 なので、順当に行けば、iOS11 になると思われます。
 ※追記:2017/9/15 米国時間2017/9/20配信開始
 そうなると、旧型のiPhoneなどのうち一部の古い機種が更新対象外となります。今回の対応でカバーされる範囲は、おそらくiPhone5sやSE辺りまでがギリギリではないでしょうか。
 iPadも既にProが出て久しいので、Airなどの、Retinaディスプレイ以降という辺りがギリギリになるかもしれません。
 なので、機種変予定のない比較的古いiPhoneやiPadをお持ちの方は、いまのiOSが普通に動いている最終バージョンになる、という可能性が出てきます。
 ※追記:2017/9/15 カバー範囲は、iPhone 5s以降、iPad Air®およびiPad Pro®の各モデル、第5世代のiPad、iPad mini™ 2以降、第6世代のiPod touch®
 なお、ご自分のiPadがどのバージョンか分からない方は、Apple公式サイト「iPad のモデルを識別する」をチェックしてください。識別方法を含め過去のiPad のモデル一覧が見られます。

 iPhone/iPadのiOSでは、常に一種類の最新バージョンしか提供されません。
 新しいiOSが出て更新してしまった後に、自分のiPhoneにシステムの不具合があったとした時、再初期化で購入時の状態には戻せても、その後で、上手く行っていた一つ前のiOSなどに戻すことは出来ません。勿論、今使っているiOSが何であっても問題ないのであれば、その版をバックアップしておけば良いのですが、最新版が常に最新のセキュリティかつバグフィックス版であることを考えると、今のiOSが最善版である、ということは間違いありません。
 なので、iOS更新前には、バックアップをして自衛する癖をつけておくことが一番安全で確実です。

 バックアップの習慣がある人は、いつも通りでまったく気にする必要はありませんが、今回は、そうで無い人も、更新とバックアップはやっておいた方が良い場面ではないかと思います。
 今回の新型には大きなハードウエアの変更があるという噂です。ホームボタンの変更や顔認証など、搭載されるかどうかはまだ未定ですが、載るのであれば、旧機種に不具合が出る可能性が高くなります。
 ※追記:2017/9/15 今回の報告で、噂通り色々ハード面に関する仕様変更がありました。最初の更新での不具合の危険度アップが確定です。

 iPhone7の方であっても、新型が出た際のメジャーアップデートの時には、更新で失敗してiPhoneが文鎮化する(=動かないただの塊になる)、という悲劇がよく起こりますので、更新前のバックアップは、どの機種であっても、やっておくにこしたことはありません。
 iPhoneで何かあっても、スマホを買ったキャリア窓口では基本的に対応してくれませんし、App Storeの店舗は、少ない上に、混みすぎます。

 最近の方々はスマホが無いと途端に生活に不具合が出るような方も多いようなので、そういうような方は特に、バックアップをしておくことをオススメします。転ばぬ先のバックアップ、です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中