春な忘れそ

投稿日:

 お豆腐料理屋さんの庭に咲いていた梅です。
 梅の花を見ると菅原道真の歌で「春な忘れそ」という言葉が浮かびます。

 菅原道真が無実の罪で太宰府に左遷される前に、自宅の庭で詠んだとされている歌

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

 という句がありますが、この句には結句の異なるバージョンも存在します。

主なしとて 春を忘るな

 前者の出典は『宝物集』『太平記』など鎌倉時代に成立した書物で、後者は『拾遺和歌集』や『大鏡』など、平安時代の書物であり、かつ、重要度的な意味合いからも「春を忘るな」の方がより本物に近いのではないか、という意見が大勢なようです。
 とはいえ、個人的には「春な忘れそ」の方がより強い願いが込められているような、そんな気がして、とても好きな歌のひとつです。

 歌の大意は、こんな感じです。

東から風が吹くならば、花の香りを(私が流される大宰府まで)送り届けてくれ、梅の花よ。主人がいないからといって、春を忘れるなよ。

 大意引用:フロンティア古典教室
 ※原文も載っています。
 出典引用:レファレンス協同データベース
 ※国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している調査資料向けデータベースです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中