中華ランチと引越し準備

投稿日:

今日は朝から引越しの見積り業者さんが来て、家中の家財チェックをされました。

最近の転勤による引越は、専門の調整業者さんが居るのが当たり前らしいです。で、代表業者がセオリー通りに荷物をチェックして、そのデータを元に数社で相見積もりを出し、最終的な業者さんを会社が決める、という流れらしいです。

今までずっとクロネコにしてたので、個人的には同じが良かったんですけど、いまヤマトって引越やってないんですねぇ。知らなんだ。。。

見積もり確認後、ランチは近所の中華へ行きました。久しぶりだったので、定番の四川麻婆豆腐で。

こちらの麻婆豆腐は、漢源花椒という中国四川省漢源産の花椒を使っています。特に、仕上げにかけている微粉状の花椒がとても上品な辛さで、舌にしゅわしゅわとした辛味を感じます。また、辛味がとても爽やかで甘みも感じる、そんな花椒です。

我が家では山椒を数種類揃えていて、四川赤椒や青山椒もある山椒大スキーな家なのですが、これもめっさ欲しくなりました。というか、微粉いいですね。うちは大体ホールで買って、使うときにミルで挽く派なので、微粉常備もしようかなぁとちらっと思いました。また調味料が増える。。。

なお、辛味が苦手な人用には、四川風でない麻婆豆腐もあります。

家人のランチは海鮮焼きそば。

帰宅後、ちょっとソファで休憩…のつもりが爆睡してしまい、起きたら夕方でした😅。せっかくの貴重な週末ががが。

引越しの時に毎度必ず言われることですが、我が家は引越しの荷物が多過ぎるらしいです。

元々一軒家に住んでいたので、それを今更マンションサイズにしろと言われても。。。というのが正直な気持ちです。いずれは一軒家に戻るんだし。

とはいえ、我が家に来たことがある方は、家具なんてそんなにあったけ?というイメージだろうと思います。

というのも、多い荷物の大半は本です。ダンボール中サイズで50箱に収めるようにというアドバイスをもらい、東京を出るとき泣く泣く3千冊以上処分しました。本棚が7本あるので、そこに収められる範囲で。

転勤生活が続く今、これ以上本を増やす訳にはいかないので、最近は図書館で借りるかKindleで買ってます。遠距離通勤がなくなって読書量は激減しましたが、それでもまだ読みたい作家の新作とか連載物の続きがあってじりじり増えているので、また少々の断捨離が必要そうです😅。

昭和世代なのでまだ和箪笥もありますし、鍋や食器類もそこそこありますけれど、その辺はまあ常識の範疇かなと思います。た、たぶん。

それでも大型トラックにギリギリらしく、若干やばいみたいです。とほほのほ😭。

余談ですが、IKEAの家具は引越屋泣かせらしいですね。分解したら元には戻らないという。木ねじって怖い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中