お墓参りと岡本太郎

投稿日:

久しぶりに、実家のお墓参りに行って来ました。

いま、住んでいるところから行くと、一都五県に跨る大移動になります。と、考えると結構な旅になるので、前夜は姉宅に泊まってからお参りに行きました。

現在、我が家は引越し準備でバタバタしているので、今回は1人弾丸ツアーを強行しました。

実家のお寺は、浄土真宗の東本願寺派です。

元々は大谷派だったそうですが、昭和当時、近くに大谷派のお寺が無かったため、東本願寺派のお寺にご厄介になったと聞いています。

子供の頃から、お寺さんが家に来るのも普通でしたし、毎日のお勤めや、年末、除夜の鐘とともにお寺へ行き、お勤めをして、法話を聞いて新年のカレンダーを貰って帰ってくるのが当たり前でした。

お寺で餅つきをしたり、大広間で百人一首をしたり、うちで生まれた子犬をお寺さんにあげたこともありました。

お寺は既に息子さんが継いでいますが、ご夫婦ともお元気そうで、何よりでした。

お寺は、私が通っていた学校の側にあります。

姉の家や親戚の家も近所なので、母の妹が嫁いだ家のお墓も、父の妹が嫁いだ家のお墓もこちらにあります。行けない時でも目配りして貰えるので、助かっています。

話はガラリと変わりますが。。。

今回は相模原にある西門という商店街の前からバスで行ったので、久しぶりに岡本太郎の作品「呼ぶ赤い手、青い手」が見えました。

出来た当時は一千万円もの大金ー市民の税金を「こんなものに」使って!と大騒ぎになりました。子供だった私が覚えているくらいなので、相当話題になったんだろうと思います。

トレードマークの強烈な色彩も大不評でしたが、経年変化か、若干薄くなったような気がします。

写真の通り、商店街の横手にある車道からよく見え、歩道沿いにあるので、いつでも誰でも、見たり触ったり出来るオブジェです。

今になって改めて考えてみると、なかなか貴重な作品かなぁと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中