クロメンダカスズメ事件

投稿日:

と、書くと一見、鳥かな?という感じですが、鳥ではなく蛾のお話です。

クロメンダカスズメは、結構大きな蛾です。体長8センチくらいだったでしょうか。苦手な方もいらっしゃると思うので、まずは最初に見つけた時の遠巻きにした姿を載せておきます。

以降、苦手な方は本投稿をスルーしてください。

一昨日の朝、ベランダに出てみたら何やらフェンスに三角の影が。

うわ〜〜やだなぁ、蛾かな?と思いつつ近づいてみると、この姿でした。

ドクロマークのような背の柄で、妙に威圧感のあるたたずまいでした。

とりあえず写真を撮って、警戒しつつ恐る恐る洗濯物を干していても、微動だにしませんでした。

触って返り討ちにあっても困るし、ということで、友人に聞きまくり、結果、クロメンダカスズメかメンガタスズメではないか、ということになりました。

どうやら、羊たちの沈黙というトマス・ハリスの作品に出てきた蛾のようです。作中では、死体の口の中にこの蛾の蛹が入れられていたという設定でした。

映画化された際のポスターで、クラリス(ジョディ・フォスター)の口元にいたあの蛾、といえば、思い出す方もいらっしゃるのではないかと思います。

元々、熱帯地域にしかいなかったらしく、かつては日本でも九州や四国辺りにしかいなかったそうですが、近年、温暖化の影響か、関東以北へも北上しているんだそうです。一昨年、釧路でも見つかったとか。

何というか、ハーロックのような?(分かる人にしか分からない例えで、失礼💦)

黄金色のドクロとビロードのように黒光りする羽根が、松本零士作品に出てくるキャプテン・ハーロックを彷彿とさせるような、そんな気がしました。

Twitterへ流してみたところ、「カッケー!ダウンロードしてうちの壁紙にする!」という友人までw

前夜から今朝まで、ずっと動かないままフェンスに取り付いていたので、そのまま干からびて死んでしまったのか、とか、はたまた我が家のベランダで冬眠されたらどうしようか、などと、あれこれ心配していましたが、お昼過ぎに再度確認してみると、暖かくなったせいか、その姿は何処かへと消え去っていました。

2件のコメント 追加

  1. がんちゃん より:

    確かに九州では割とよく見ていたような…
    軽くつつくくらいでは動かないので
    どいてほしい時は足を狙っていました(笑)
    まじまじ観察したことはありませんでしたが…
    なるほど、確かにハーロックみたい!
    もしくはカオナシ(笑)

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      がんちゃんさん、コメントありがとうございます😊
      なんと!よく見るような蛾だったんですね〜😅
      ググった限りでは毒や針などの反撃は無さそうですが、どうにもこうにも威圧感があって、手を出せませんでした。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中