カルボナーラ

投稿日:

昼間、パンチェッタの話をしていて、なんとなくカルボナーラな気分になったので、夕飯はお手軽にカルボナーラにしました。

今夜はぼっち飯だったので、リトルペンギンのシャルドネもちょろっと。

うちのカルボナーラは生クリーム無しの、いわゆるローマ式で、イタリアでキング・オブ・ザ・カルボナーラの異名を持つ(と言われているらしい)、ルチアーノ・モノシリオさんのレシピをベースにしています。

今夜の材料はこちら。あと塩ですね。

卵とベーコン、パルミジャーノ・レッジャーノは大抵欠かさず家にあるので、ぶっちゃけ、カルボナーラはいつでも作れるお助けメニューです。

本場版はグアンチャーレとか、グラナパダーノとかペコリーノロマーノとかに加えて、フェリチェッティのモノグラノのパスタを使ってかなり贅沢に作っていますが、このレシピなら、そこそこのありもので作っても結構美味しく出来るんではないかと思います。強いて言うなら、卵と熟成肉の料理なので、やはりこの2つは美味しい方が良いかなーと。今回はお正月前に買った燻製ベーコンを使っています。

チーズは粉よりパルミジャーノ・レッジャーノのような塊を買っておいて、都度グラインダーで削る方が断然美味です。パスタやサラダ、スープにかけたり、塊のままワインのアテにも出来ます。

カルボナーラは、今夜のように、急に思い立って買い物にも行かずに簡単に作ることが出来る、まさに在りもの料理ですが、結構ゴージャス感が味わえます(自分比w)。

おまけに、ほんの15分で作れる(湯沸かし時間除く)ので、良かったら、みなさまも是非😊。

件のシェフの動画を張っておきます。

翻訳なしでも分かる簡単な動画で、時間も3分少々。字幕は英語です。材料だけは列挙しておきますね。

Spaghetti alla Carbonara – la ricetta originale di Luciano Monosilio

■材料(4人分)
・スパゲッティー 280g
・卵黄 4個
・グラナパダーノ:すりおろし 30g
・ペコリーノロマーノ:すりおろし 20g
・黒胡椒 10g
・グアンチャーレ:1センチ角 200g
・ペコリーノロマーノ:すりおろし 20g (仕上げ用)

※一言アドバイス
一人分など少な目で作る場合には、ソースは倍量にした方が上手く作れます。特にたまごはケチらずいっちゃってください。
ベーコン類とチーズの塩気で味が変わります。茹で汁への塩は心持ち多めに入れると、ソースには足さずに済むかと思います。

7件のコメント 追加

  1. Penpen より:

    美味しそうですねー ぜひ作ってみたいです 😊

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      penpenさん、コメントありがとうございます😊
      ぜひぜひ!お試しくださーい😀

      いいね

  2. 本格的~(^.^)
    私はトマトベースのパスタを作ることが多いのですが、カルボナーラ食べたくなってきました(*^^)v

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      tabisurueiyoushiさん、コメントありがとうございます😊
      カルボナーラ、簡単なので是非作ってみてくださいねー。
      おそらくですが、私がよく作るパスタは、どれも手間がかからず簡単に出来るメニューばかりなんですよねー。
      特に明太子やカルボナーラは、パスタを茹でている間にボールにソースを仕込み、茹であがったら、ボールに入れて一気に混ぜて完成!というお手軽さなので、本当に気軽に作れます。
      これが本格的に見えるとすれば、それは盛り付けや飾り付けの問題なのかなーと思います。

      動画でもそうですが、シェフもかなり丁寧に盛り付けをしています。
      私は大抵の場合、一人きりでもテーブルセッティングをして食べる方なのですが、急いでいる時や面倒な時にはもうそのままボールからいっちゃうこともあります。ただ、これをやってしまうと同じ料理でも美味しく感じなくなるので、本当にたまーにのことですが😅

      トマトベースのパスタも大好きです。
      が、準備や手間を考えると、なかなか作る気になれません。。。
      なので、たまに重い腰をあげてトマトソースやミートソースなどを作る時には、結構大量に仕込んでから冷蔵や冷凍をして、何度も楽しむようにしています😊
      今度はトマトソースのパスタが食べたくなってきました(笑)

      いいね: 1人

      1. 手間がかからず、美味しく見えてなおかつ、おいしい。
        最高じゃないですか~(^.^)

        明太子カルボナーラ、美味しそう(^^♪
        盛付け、重要ですよね~。
        せっかくおいしい料理でも、盛り付けが下手だとまずく見えてしまう。
        こればっかりはセンスの問題なので、難しいところです。
        以前、フードコーディネートという授業をしていたのですが、同じ材料でも全く違う盛り付けになっており、学生の斬新な感性に圧倒させられたものです。

        トマトソース、私も大量に作って、冷凍してます(^^)/
        なんにでも使えて便利ですよね(*^^)v
        食べ物の話をしてると食べたくなってしまう…、私も同じです(^^;

        いいね: 1人

      2. KYO より:

        ちなみに、明太子カルボナーラは、明太子パスタとカルボナーラの意味でした。紛らわしくてすみませーん😅

        いいね: 1人

      3. いえいえ、明太子パスタもカルボナーラもおいしいですよね~。
        でも、明太子カルボナーラもなんかおいしそう(^.^)

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中