そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ 文藝春秋

投稿日:

本屋大賞おめでとうございます記念。

瀬尾さんの作品を一番直近で読んだのが、去年の『そして、バトンは渡された』だったろうと思います。ここ数年の読書記録は全然とっていないので、内容の記憶はすでに空の彼方へ行ってしまいました😅。

livedoor時代に書いた過去の読書記録を張っておきます。ご参考まで。

幸福な食卓:瀬尾まいこ(講談社)

優しい音楽:瀬尾まいこ(双葉社)

卵の緒:瀬尾まいこ(マガジンハウス)

天国はまだ遠く:瀬尾まいこ(新潮文庫)

見えない誰かと:瀬尾まいこ(祥伝社)

戸村飯店青春100連発:瀬尾まいこ(理論社)

久しぶりに過去の読書記録を読んでみて、昔の記憶が綺麗さっぱり残っていない現実を改めて思い知りました。一番好きって書いてた作品の記憶が一番なかったりとか😅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中