十二国記 白銀の墟玄の月 第三巻 第四巻 小野不由美 新潮社

投稿日:

小野主上の「白銀の墟玄の月」完結編、第三巻第四巻が出たので、速攻で本屋に出向いて、ゲトしてきました。

野暮用を全て終わらせて21時から読み始め、2時前には二冊とも読了してしまいました。もう終わってしまいましたあぁぁぁぁぁ。

18年も待ってたんだし、もっとじっくりゆっくり読めばよかったんですが、どうしても続きが気になってしまい、ふ、不覚。。。翌日また速攻で再読しましたけど。

やはり主上は主上でした💕

主上、十二国記を書き続けてくれて、本当にありがとうございます!

感謝の気持ちでいっぱいです。

ラストに六太と尚隆のおまけもあって、感涙です。

また新作が読める日を何年でも楽しみに待ちたいと思います😊

余談になりますが。。。

ここ数年、長年のお休みから復活して完了を迎えたシリーズ作品から受けた深い傷がまだ癒えていないので(誰の作品とは言いませんが😅)まっとうな続きが読めて、本当に良かったです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中