Amazon機器をWi-Fiで使うなら

投稿日:

既に去年の秋頃のお話なのですが、下書きに放置したままになっていたメモをアップします。長文なのでタイトルを見て興味のない方はスルー推奨でお願いします😅。

我が家の Fire TV Stick で Amazonプライムビデオを見る時、夜間ピーク時の回線が遅いせいか、映画の視聴途中で接続が途切れてしまうことが多々あり、その都度再起動したりなんだりで結構トホホでした。

さすがにおかしい気がしたので、Stickで接続している通信回線の接続状況を確認したところ、Wi-Fi 接続一覧には、あるはずの 5GHz の名前が出て来ず、2.4GHz しか みあたりませんでした。

ようするにせっかく高速通信を契約しているのに、肝心の動画再生では全く使えていなかった😨、ということです。そんなに動画を見る機会もなかったし、もちろん、スマホやPCからなら問題なく 5GHz に接続出来ていたので、しばらく気付きませんでした。

なので、まずは、Stick(Amazon機器)側の問題なのかなぁと思いました。無線ルーターや Stick の再起動をしてみても状況は変わりませんでした。

ネットでいろいろ調べてみたところ、「日本国内で販売されているAmazon製の機器はどれも(Fire TV Stick だけでなく Kindle や AmazonEco も)、 5GHz 帯は W52 チャンネルでしか取り扱えない」ということが分かりました。5GHz帯で使える複数のチャンネルのうち、Amazonでは敢えて W52 だけにチャンネルを固定しているようです。チャンネルは帯域、ようするに周波数の幅を指します。(※国内限定の設定で他国では状況が異なります)

Fire TV Stick の Wi-Fi 仕様にも一応書いてありました。

デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応

まあ Kindle や AmazonEco 位なら多少ダウンロードに時間がかかってもさほど気にならないかもしれませんが、動画再生はやはり通信速度が命です。「2.4GHz」は無料ですが「5GHz」は有料なので、使えないと単なる宝の持ち腐れになってしまいます。

ここまでの文章をスルーせずに頑張って読んでくださった方、もしかしたらまだ???状態でしょうか?😅

ちょっとおさらいしてみます。
Wi-Fiの電波には「2.4GHz」と「5GHz」の2つの周波数帯があります。

なお、次期スマホで「5G」が登場すると言われていますが、あちらは「5th Generation(第5世代)」の略なので全くの別物です。念のため😅。

自宅に光回線などのインターネット固定高速回線を契約している場合、後は家庭内の無線ルーターの性能(IEEE 802.11x 規格)により、家庭内の無線スピードが決まります。原則として、11xのxにあたるアルファベットが大きい方が速い傾向にあるのですが、大雑把に言えば、5GHz帯の方が速いです。

「2.4GHz」はかなり普及していて、Bluetoothや電子レンジにも使われているので、家庭内での電波干渉が強い傾向にありますが、遠くまで電波が飛ぶので、隣の部屋や階下でも比較的問題なく使えます。ルーターのない部屋でスマホを使う場合には「2.4GHz」に繋いだ方が無難ということですね。

「5GHz」は利用機器が少ない分、干渉もなく安定していますが、気象レーダ等と同じ周波数帯を使用しているので、利用は屋内のみと限定されており、屋外での利用が法律で禁止されています。

「5GHz」はルーターと使用機器との間に壁や床があると電波が届き難くなるというデメリットがあります。うちのTVやパソコンはルーターの側にあるので、その点は全く無問題なのですが、遠くの部屋でスマホを使う際には電波は1本立つか立たないかになります。

もう少し噛み砕いて大雑把に書いてみますと「(日本の一般家庭で使われている)その他の電子機器に一番影響を及ぼさないチャンネル=W52※」にAmazon側が敢てチャンネルを固定している、ということかと思います。

我が家のモデムは無線LANルーターとの一体型で、ケーブルTV局から貸与されている HUMAXの旧型です。現在の無線設定をみたところ、チャンネル選択が「auto」になっていたので、ここを「36」に変えたら、5GHz帯がWi-Fi一覧に出て来るようになりました。autoじゃダメだった理由がいまいち謎ですが、とりあえず結果オーライということで😅。

当初、ケーブルTV局のカスタマーセンターに確認した際には、一度「出来ない」と言われました。ネットの複数ソースで出来ると書いてあったので、そんなことないはずと食い下がった末に、いったん電話を切り、別の担当者に再度電話をかけて、やれるよね、と念押ししたところ、そちらの方はすんなり「出来ますよ」の回答でした。出来ないと言った担当の人に情報の共有を徹底してもらうよう頼みましたが、普通の人なら食い下がらなかっただろうと思います。サポセンも万能ではありません。おそらくですが、設定が必要なのは旧型だったためで、新型ならこんな苦労はしなくて済んだのではなかろうか、とも思いました。

この手の記事は普段仕事用のblogの方に書くのですが、今回はサポートセンターでも担当者によっては正しく答えられない人がいた、ということで、こちらにも書くことにしました。

長文で失礼しました。

同じことで困ってる人の役に立てば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中