海鮮祭り

投稿日:

知り合いの方から魚を沢山頂いたので、週末は海鮮祭りとなりました。

こちら新潟で釣って来たというイサキとかハタとか。袋の中には思った以上に沢山入っており、正直言って、私にはどれが何だか全く分かりませんでした(^◇^;)

なにやらたくさんのお魚が

一応、釣った方からオットが魚の種類を聞いて来たものの、その情報も若干怪しかったので、近所のスーパーの鮮魚コーナーにお願いして、魚を捌いて貰うことにしました。餅は餅屋ということで、ついでに種類の確認とおススメな食べ方も教えて貰おう!という目論見です。

1〜2匹なら自分で捌いても良かったのですが、量も多いことと魚種の判別が出来ない(最適な食べ方が分からない)のはちとリスキーなので、お金を払っても良いかなーと。

去年リニューアルした近所のスーパーに鮮魚バックヤードが新設され、持ち込みの魚も有料で捌いてくれます。三枚おろしは一匹200円、刺身やお造りは500円とのことでした。

バックヤードに広げられたウチの魚達

そこで、刺身に出来る物は刺身で、それ以外は三枚おろしで、頭は割って、その他のアラも炊くので残して、とお願いした結果がこちら。

三枚おろしとアラ、作業代金は800円

刺身に使える物だけは皮まで剥いであり、小魚の一匹を除いて残りは皮付きのまま三枚におろされていました。大小合わせて8匹ほどいたので、3桁で済んだのはオマケしてくれたんだろうと思います。内蔵等を残すのは今回は諦めて、全て取り除いて貰いました。鱗も処理済みでした。

大きな魚はマハタで、小魚はイサキだそうです。赤い魚については、釣った方はアカイサキと言い、スーパーの鮮魚コーナーの方はアカハタといい、意見が分かれました。

いずれにしてもハタ科の白身魚ということで、白身魚にあいそうなメニューをいくつか作ってみました。

まずはアカイサキ(たぶん)とマハタをポワレ(ソテー)で。こちらはやる気満々だったオット作です。

白身魚のポワレ

しっかりしつつも身はふっくら。脂ものっており、とても美味しかったです。臭みも全くありませんでした。

魚の下にも野菜がたっぷり

オットは一つ作ったら気が済んだらしく、以降は私が適当に。

刺身用のイサキはカルパッチョで。

イサキのカルパッチョ

カルパッチョは若狭の壺の酢とこの前買った白醤油を使ってやや和風寄りの味付けにしました。紫蘇と新玉ねぎ、ラディッシュ、黄パプリカを散らして。

このイサキはプリッとした身で、薄切りにしてもしっかりした食べ応えがありました。臭みは全く無かったので、レモンは不要でした。

残りのイサキは昆布締めに

イサキの昆布締め

その他のお魚については、生食するなら自己責任で、と言われたので、海鮮しゃぶしゃぶで食べることにしました。

全部いっちゃえ!と

残ったら煮付けにすれば良いやと思いつつ、残り全部切って盛り付けたところ、雑炊にする前に汁まで全部完食してしまいました。美味しいと食が進みますね。

剥いだ皮も全部投入
セリをたっぷり

翌日も海鮮祭りは続きます。

あら汁
塩焼き
まとめて兜煮

ネットで検索してみた限りでは、イサキやハタの刺身は数日置いた方が美味しいとあったので、昆布締めは今夜か明日辺り食べようかと思っています。

24件のコメント 追加

  1. nikonikomaison より:

    その魚たちの新鮮さには目をみはるものがあります。ウラヤマシイ😢
    そして料理されたどのお皿もお見事👏すばらしいわ。星付きレストラン、あるいは料亭か?って感じですね〜。

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      nikonikomaisonさん、コメントありがとうございます😊
      過分なお褒めの言葉、恐縮ですが嬉しいです。
      海から遠い県に住んでいるので、新鮮と聞くと料理魂が騒ぎますね。久しぶりの新鮮魚に夫婦揃ってテンションが上がりました(^-^)

      広島にいた時には安くて新鮮な魚が当たり前だったので、夕飯の魚率も上がりましたが、いまの場所ではなかなかその気になりません。
      日々の食事は場所次第だなーとしみじみ思います。

      いいね: 1人

  2. CoccoCan より:

    素敵な変身ぶり!! お野菜の色使いと皮目が美しい♪ さすがです!!!
    持ち込みでやってくれるんですね、スーパーのお魚屋さん☆
    お値段を見て、「私がやる!!」と思ってしまいました笑

    私も赤いお魚はアカハタだと最初の写真を見てとっさに思いましたが、お魚も場所によって呼び方変わりますしね。
    こんな素敵なお裾分け、、、釣り好きな人とお友達になりたいw

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      CoccoCanさん、コメントありがとうございます😊
      今回のポワレはソテーも盛り付けもオットがしています。

      CoccoCanさんなら、まさに全部余す所なく使えますね。本来ハタは肝も美味しいお魚ですし。
      個人的には、自力捌き問題より魚種が曖昧だったのが一番のネックでしたね、生でも食べたかったので。
      以前、Twitterで生食がヤバい魚を食べようとした人のその後の顛末を見て以降、どうにも怖くなりました(^_^;)

      魚の下処理は、コロナ禍もあるので、持ち込みだとやってくれない所もあるかと思いますが、下処理サービス自体は以前より増えている気がしますね。骨取りサービスなんていうのまであるようです。

      いいね: 1人

  3. 洋子 より:

    すごい、まさに祭り!
    旦那様は洒落た一皿ですね。
    鍋は出汁がすごそうです!

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      洋子さん、コメントありがとうございます😊
      うちのオット、料理テクニックは無いものの、やりたいことは明確らしく、皮を剥げとか、小麦粉振れとか、自分で出来ない、もしくは、自分ではやりたくない作業は私に振ってきますが、ソテーや盛り付けはオットがしました。
      あら汁は、魚に臭みが無かったので、薄味でも、とても美味しく頂けました(^-^)

      いいね

  4. そのちゃん より:

    余すことなく味わいつくした感じで、まさしくお祭りですね!
    拝見しているだけでワインがすすみそうです。

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      そのちゃんさん、コメントありがとうございます😊
      全部使ってやるぞー!というテンションの勢いで、なんとかやり切りました。
      ワインが進むメニューだと私も思います(^-^)

      いいね

  5. mic.mimic より:

    素敵に化けましたね。調理法のアイディア、盛り付けともに私がそこに行き着くにはあと何年かかるんだろう….と羨望。旦那様作のソテーの付け合わせの赤緑白の組み合わせがとっても素敵で、いつか真似させて頂いてもいいでしょうか?

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      mic.mimicさん、コメントありがとうございます😊
      お褒めの言葉、嬉しいです。とても励みになります。
      真似も引用もご自由にどうぞ(^-^)
      こういう盛り付け方は特にオリジナルという訳ではなく、フレンチやイタリアンなどでは割と定番で人気のあるやり方だろうと思います。
      ちなみに、オットは料理の基本テクニックには疎いので、魚の皮を剥ぐとか、切り身に小麦粉を振るなどの実作業は私がやっています。
      オットに「セルクルを出せ」と言われた時には、正直そこまでやるのかよ、と思いましたが、やって貰う分には、こういう盛り付けって、やはり素敵ですね(^-^)

      いいね: 1人

      1. mic.mimic より:

        どうもありがとうございます。これも含めいくつかKYOさんのレシピを作って投稿できたらなと思っているのがあります。

        定番の盛り付けなんですね。あまり付け合せを作る習慣がないのと今新サイトの方でイタリアを旅行中のためあの3色の組み合わせにときめいてしまいました。

        旦那様もしや料理人?と思ったのですが違うのですね。もともとセンスがおありなのか観察力がすごいのか…。盛り付けまで気をつかえるって素敵なことだと思います。

        いいね: 1人

  6. これは日本酒と白ワインが必要ですね^_^

    いいね

    1. KYO より:

      パッチングワーカーさん、コメントありがとうございます😊
      火事の件、大変でしたね。ゆっくり睡眠や休息がとれていると良いのですが。

      まさにアルコール案件だったのですが、この時はまだ胃の調子が悪かったので、お酒は飲みませんでした。
      昆布締めがまだ残っているので、今夜は日本酒を飲もうかと思っています(^-^)

      いいね

  7. wakasahs15th より:

    ゴメンなさい!匿名のコメントになってしまいました(^^)/

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      wakasahs15thさん、了解です!
      コメントありがとうございます😊
      さぞかし大漁だったのか、こんなに沢山頂けるとは、びっくりでした。
      こういう頂きものの時はいつも「全部余さず美味しく食べつくさなくては!」という妙な使命感が湧いてきます。
      今回も無事使い尽くせて良かったです(^-^)

      いいね: 1人

  8. 匿名 より:

    わ~~盆と正月が同時に来た様ですね。
    ホントなら少しずつ時間をかけて欲しいところだと思いますが釣果なので文句は言えないですよね。
    専門の方に捌いていただいて安心して美味しく食べるのが一番です。当面、魚の食生活ですね(*^_^*)

    いいね: 1人

  9. agehamodoki より:

    野菜や果物をいただくことはありますが魚は・・・
    それも獲れたててんこ盛り。
    それを見事に料理して食する。お見事でっす!
    みんな美味しそうですが
    どれか一品と言われると「イサキのカルパッチョ」かな!

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      agehamodokiさん、コメントありがとうございます😊
      カルパッチョですか!ありがとうございます(^-^)
      新鮮なお魚でないとやる気になれないメニューなので、久しぶりに食べられた気がします。

      いいね

  10. 白川君 より:

    むっちゃ美味しそう(*’ω’*)

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      白川さん、コメントありがとうございます😊
      新鮮なお魚は最高ですね(^-^)

      いいね: 1人

  11. Cuckoo より:

    Nice recipe

    いいね: 1人

    1. 白川君 より:

      影響されて、お刺身買ってきましたwww
      こんやは海鮮丼だぁ\(^o^)/

      いいね: 1人

      1. KYO より:

        海鮮丼!良いですね〜(^-^)
        今夜は昆布締めを食べましたー!

        いいね: 1人

    2. KYO より:

      Thanks!(^-^)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中