祝祭と予感 恩田陸 幻冬舎

恩田陸さんの『祝祭と予感』をば。 本書は『蜜蜂と遠雷』のスピンオフ的な短編集です。 特に『袈裟と鞦韃』が心に沁みました。本物のホップ畑が見てみたくなりました。 裏話的なものから、過去のエピソードやコンサート直後のお話まで…

本日のぼっち飲みとチーズ特集

今夜のぼっち飲みはチーズ特集の雑誌をお供にして。 今夜のワインはブルゴーニュでルイ・ジャドの赤を。 こんな特集じゃ🍷飲みたくなるに決まってますよねぇ。

自炊力 白央篤司 光文社新書

今日の読書は白央篤司さんの自炊力 光文社新書 遠距離通勤だったサラリーマン時代、私の食生活はほぼ100%外食という状況だったので、うんうんそうそう!という感じで読みました。 朝はせいぜい珈琲かケロッグ、昼と夜は外食かコン…

そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ 文藝春秋

本屋大賞おめでとうございます記念。 瀬尾さんの作品を一番直近で読んだのが、去年の『そして、バトンは渡された』だったろうと思います。ここ数年の読書記録は全然とっていないので、内容の記憶はすでに空の彼方へ行ってしまいました😅…