オリエント急行殺人事件

投稿日:

 アガサ・クリスティ原作、三谷幸喜脚本のTVドラマ「オリエント急行殺人事件」をレンタル視聴しました。2枚組でしたが、とても面白くて一気観しました。

 本作品は、2015年にフジTVで新春スペシャルとして放映された物だったということで、何とか視聴出来ないものかと色々探してみたところ、幸いにも売りセルが出ていたので、無事レンタルすることが出来ました。

 ついこの前「黒井戸殺し」という三谷さん脚本&クリスティ原作(アクロイド殺し)のTVドラマを観まして、こちらがとても良かったので、関連作品を探していて本作を見つけました。

 かつて、クリスティ映画と言えば、名優が登場することで有名でした。
 特に「オリエント急行殺人事件」では、ショーン・コネリーや、イングリッド・バーグマン、ローレン・バコールなど、往年の名優が多数出演しており、何度も観た記憶があります。

 今回のオリエント急行殺人事件も、かつてを彷彿とさせる豪華な顔ぶれが揃っていました。三谷作品ならではの名優達が華麗な共演を魅せてくれていたので、それも大きな楽しみの一つでした。

 舞台設定を昭和初期の日本としたことで、伯爵夫人や大佐、貴族と召使いといったような、英国式に近い舞台設定があまり違和感なく表現出来ていた点が凄いなぁと思いました。
 原作が1934年(昭和9年)なので、書かれたのとほぼ同時代ということにもなりますので、そういう意味でも違和感がないのではと思いました。
 ある意味優雅な昭和モダン独特の世界感は、横溝正史の金田一シリーズを思い出すような懐かしさなどもあり、大変興味深いものでした。

 かつて何度も観ていたにも関わらず、今回が一番身につまされた気分になったのは、舞台が日本になっていたからでしょうか。
 私が年とったせい、というのもあるかもしれませんが、やはり自国の文化風土の中におかれた事件だったからこそ、より響くものがあったような、そんな気がしました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中