セミ(CICADA) ショーン・タン 岸本佐知子訳 河出書房新社

投稿日:

ショーン・タンさんの最新作「セミ」がやっと来ました。5月末に発売されましたが欠品で待ってました。たった一カ月でもう2刷です。

今日はどんより曇って肌寒いお天気だったので、読書のお供はディンブラをホットで。

ショーン・タンの文字のない絵本「アライバル」が大好きで、以来、追っかけている作家さんです。

セミには文章が付いています。訳は岸本佐和子さんです。

セミ好きさんだけでなく、世のサラリーマンな方にもおススメしたい、大人のための絵本です。

現在 「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」 が、東京のちひろ美術館で開催しているそうなので、近いうちに観に行きたいと思っています。(~7/28)なお、9月からは京都で開催されるようです。

3件のコメント 追加

  1. nikonikomaison より:

    KYOさん、またまたこんにちは。ほぼ日の糸井さんがこのショーン・タンさんのこと、展示会のことを書かれていて、興味を持っていたところでした。セミの絵がちょっぴり怖いけど、買ってみようかと思います。

    いいね: 1人

    1. KYO より:

      nikonikomaisonさん、コメントありがとうございます😊
      発売のニュースを見て、つい日本語版を買ってしまいましたが、非常に短いセンテンスしかない物語なので、原語版を買えば良かったかも。。。と思ってしまいました。訳が悪いという訳ではないのですか、原語では何と書いてあったのかが、いま気になって仕方がありません。
      アライバルも是非!

      いいね: 1人

      1. nikonikomaison より:

        KYOさん、なるほど。おすすめのアライバルともども検討してみます。

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中