FEET in DESIGN のインソール

投稿日:

靴のインソールを買いました。FEET in DESIGN という会社の製品です。

まず、米国製の3DOという三次元足圧測定システムで足圧を3次元的に計測されました。計測では身体の重心や傾き具合、足裏の荷重のかかり具合を確認するとともに、機械の上を実際に歩いて、歩行時の足裏の動きや力なども測定されたらしいです。一応、計測した測定データも貰えました。その測定データを元に、自分にあったインソールが製作されるのですが、実際に製作されているのは日本国内(京都)らしく、結果、日本製ということになるようです。

プロスポーツの選手が結構愛用しているそうで、女子ゴルフでここ数年活躍されている鈴木愛さんなど、賞金ランキング上位の選手に愛用者が多いとか。

野球でもいくつかのプロ球団が取り入れているそうです。確かマエケンこと前田健太選手もいたような。

サッカーだといまW杯に行っている槙野選手など。

そもそも私はプロスポーツに疎く、名前を聞いてもよくわからないので😅、誰が使っているのか興味がある方は以下をチェックしてみてください。

今回作ったインソールは、サッカー向きに作られたという新製品(FEET in DESIGN Premium for Soccer)でした。スニーカー向きとか、足先のないパンプス用とか、いくつかタイプがあるそうで、サッカーは一番最新の製品だそうで、スポーツ用としてはもちろんのこと、パンプス用としても使えるタイプと言われたので、これにしてみました。

試しにむき出しのインソールを床に置いて足をのせ、しばらく立ったままボーッとTVを見ていたところ、安定感というか安心感というか、姿勢が安定している感じが強くしました。足裏の土踏まずにあたる程よい圧迫感は竹踏みより緩い感じといえば良いでしょうか。姿勢が自然と伸びて、無理せず横倒れ(首が前に出て出腹姿勢になるの)が避けられている感じがしました。

数分のことでしたが、その後、足裏がほんわかじんじんして、血行が良くなってるような気がします。基本的にはブーツ用に買った物なので、真夏の出番はないのですが、せっかくなので、ウォーキング用にスニーカーでも買って使ってみようかしらと思案中です。

実は昔、外反母趾を矯正防止するための革靴を買ったことがあります。足をメジャーで立体的に計測して、オーダーメイドで作ったものでした。確か6万円くらいで、お値段もそれなりにしましたが、靴がかなり重くて、結局あまり履かないままになってしまいました。勿体ないことですが、疲れてしまう靴はやはり日常的には向かないかなーと思います。

このインソールは軽くて、靴を変えて使うことも出来るので、一度お試しで買ってみるのもいいかなーと思ったのが購入の動機です。

そもそも、既に愛用している知人に勧められたというのもあるのですが、その看護師の知人曰く、最初の一週間は筋肉痛になったけれど、履いていると疲れが全然違う!と感動していました。

米国では医療現場や足腰の老化予防のために保険適用で多く使われているとのことでしたが、個人的には、姿勢矯正や転倒予防への効果を期待しています。

運動もせず、あまり動かない私にどこまで効果があるのか分かりませんが、これから自分で履いてみて、良いようならまた報告したいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中